バイク保険の示談交渉

バイク保険に加入すると、保険会社が事故を起した相手に対して示談交渉をしてくれます。交通事故に遭った場合、過失割合と言ってお互いの過失に応じて損害賠償の額が決められます。また、後遺障害等級認定では、後遺障害の等級を決めるのに時間がかかりますので、保険会社にきちんと連絡し、示談交渉を依頼した方が良いでしょう。

バイク保険には、保険会社の示談代行サービスが付いていますから、保険会社が示談を行った結果を示談書にまとめます。この示談交渉の結果しだいで、支払われる保険金額が違ってきますから、大切なサービスと言えるでしょう。

保険の請求には時効があるため、迅速に手続きを進める必要があります。ですから、保険会社に示談を依頼することで、交渉しやすくなるでしょう。保険金を支払い過ぎたり、受け取り金額が少なくなったりするリスクも減らすことができます。しかし、この示談代行サービスを利用できないケースもあります。

保険会社の示談代行サービス以外に、バイク保険に弁護士費用特約が付いていると、弁護士が損害賠償請求を行ってくれます。この特約は付けておいた方がよいでしょう。なぜなら、保険会社だけでは、示談交渉が難しいケースがあるからです。訴訟に強い弁護士のサポートがあれば、損害賠償請求を有利に運ぶことができるのではないでしょうか。